銀河高原ビール THE PREMIUM BEER

販売店サーチ GO

銀河STYLE(スタイル)銀河高原ビールが綴る、銀河STYLE(スタイル)。銀河スタイルを通じて新しい発見をお届けします!

話題のスポットへ行きました!

外国人特派員協会ビールセミナー

001:ゆっきー

2007年10月27日 | 001:ゆっきー

東京・有楽町にある「外国人特派員協会」において、「The world of German beer from Japanese microb...

東京・有楽町にある「外国人特派員協会」において、「The world of German beer from Japanese microbreweries」という日本の地ビールを勉強する会があり、参加してきました。

講師はブライアン・ハレル氏。ビール関係のライターで、「東京フードページ」にも記事を書かれている方です。(写真のオレンジ色のシャツの方がブライアンさんです)

beer1.jpgbeer2.jpg

50名以上の方が集まって、いまかいまかと、ビールを飲むのを待っています。ブライアン氏がセレクトした5種類のスタイルのビールを説明を聞きながら飲むという形式で進みました。

最初はエチゴビール「ピルスナー」。2番目に横浜ビール「アルト」。3番目に銀河高原ビール「ヴァイツェン スターボトル」が登場。4番目はコエドビール「漆黒(シュバルツ)」、最後は富士桜高原ビール「ラオホボック」でした。

外国人特派員協会メンバーを対象としたセミナーだったので、外国人の方が半分以上でした。ブライアン氏は説明を英語で進められていて、英語が苦手な私はドキドキしていたのですが、直接お話しするときは流暢な日本語で安心しました。。参加者も日本の特派員の方が多く、日本語でお話をすることができました。あらためて銀河高原ビールの名前を知っている人は多いのだなと実感。。

いずれのビールも好評でしたが、日本人の方にはヴァイツェンやピルスナーが人気で、外国人の方には濃い目のビール(シュバルツ)やラオホボックが人気のように感じました。ラオホというのは、燻製した麦芽を使用した褐色のビールで、ドイツのバンベルク伝統のビールです。一度飲むと強烈な印象のビールですが、やみつきになる人もいるのかな??……という味わい。気になる人は一度試してみては?

同じフロアにはメンバー限定のバーがあり打ち上げがありました。そこは欧米か? と見まがうほどの別世界。消費されるビールの量は半端ではないでしょう。。今回のイベントは、日本の文化を発信する場において、日本のクラフトビールを認知してもらう良いきっかけとなったのではないでしょうか。反省点は、もっともっとアピールしたかった!(英語がね……)


  1. 会社概要
  2. ご利用ガイド
  3. 個人情報の取扱について
  4. サイトマップ
  5. このページの先頭へジャンプ

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期における飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。限りある資源、地球環境を大切に。空き缶はリサイクル。

銀河高原ビール THE PREMIUM BEER

株式会社 銀河高原ビール

Copyright 1997-2010 GINGA KOGEN BEER CO.LTD., All Rights Reserved.